シミに効く化粧品

肌の老化対策について

肌の老化対策について

女性の肌は25歳が曲がり角となり、基本的には二十歳を過ぎたあたりから緩やかな下降状態に陥ることになります。

 

特に30代に近づくころには肌の老化対策を急がなければならないのですが、そもそもどういったところに肌が衰える原因があるのでしょうか。

 

一般的に言われているところでは紫外線・肌の乾燥・新陳代謝のが行われないなどといった点が挙げられますので、まずはこのあたりについて肌の老化対策をしっかり行うことが重要となります。

 

またそれ以外であまり知られていないのですが、ホルモンが不足したり肌のタンパク質が糖化したことも原因として挙げられます。

 

女性の肌の美しさはエストロゲンと呼ばれるホルモン分泌によるところが大きく、肌の新陳代謝はもちろん血行促進や代謝を促進するなど、様々な角度から肌に良い影響を与えます。

 

ただこの女性ホルモンはお肌の曲がり角と重なるように分泌量が減少してしまいますので、睡眠不足を改善したり仕事や家庭のストレスを解消するなどの対策を行い、ホルモン分泌の減少を抑えていかなければならないのです。

 

さらに糖化という言葉を聴いてもポイントこない方は多いかと思われますが、これは肌のタンパク質であるコラーゲンが体内に過剰にある糖分が結びついてしまい、硬く色合いが茶色くくすんだ老化物質に変質してしまう事を指しています。

 

食事で炭水化物を多く取ったり甘いものを多く取ると、単に脂肪が増えるだけでなくコラーゲンを硬く変色させるなど肌の老化を直接的に影響を及ぼすことになりますので、こうした点もまた肌の老化対策を考える上で気を使わなければなりません。



ホーム RSS購読 サイトマップ