シミに効く化粧品

美白と肝機能の関係について

美白と肝機能の関係について

美白と肝機能と聞けば双方ともに関係がないようにも見えるのですが、そもそも内臓の健康は肌に直結した問題であり両者は密接な関係があるのです。

 

肝臓は飲酒やストレスなど様々な影響を受けて機能が低下するのですが、体力が落ちる一方で飲酒やストレスも多くなる30代からは肌の色合いにも大きな影響を及ぼします。

 

肝臓は正常な状態では黒色メラニンの生成を抑える成分を分泌し、これは黒色を抑える一方で肌色メラニンの生成を促進させる働きがあるのです。

 

こうした内からの力が肌に影響を与ええて、外からの美白ケアとともに肌を美しくするのですが、肝機能が低下してしまうといくら外側から働きかけても体内で黒色メラニンの生成を抑えることができず肌色を美しく保つことができませんので、いかにして肝臓の健康を維持させるかが大きな課題となります。

 

また機能が低下することにより肝臓が本来担っている代謝や解毒なども停滞することになりますので、そうした点でも肌に大きな負担をかけるという関係性が出てくることになり、影響としてはかなり大きいといえます。

 

なお女性の方の場合は肝斑(かんぱん)と呼ばれるシミができることもあるのですが、この場合は名前に肝臓が入っているもののシミができる原因は肝臓とはまったく異なります。

 

肝斑は顔にできるシミの形状や色が肝臓に似ているというだけになりますので、こちらのシミの場合には肝機能を上げるのとはまた別の美白ケアを考える必要があります、



ホーム RSS購読 サイトマップ