シミに効く化粧品

肝班の原因と対策法とは?

肝班の原因と対策法とは?

30〜40代の女性に多く見られる「肝班」は、その原因として女性ホルモンが関係してるんだって。より詳しく言うと、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンはメラニン色素の生成を促す働きがあるため、このホルモンの分泌量が増えると肝班ができやすくなるのだそう。

 

この種のシミに効く対策法は、まず原因となっている女性ホルモンのバランスを保つことなんだけど、日常生活でも気をつけなきゃいけないことはある。まずは紫外線に気をつけること。これはあらゆる種類のシミに効く対策法でもあるんだけど、肝班の場合も例外じゃない。

 

肝班の直接の原因は紫外線じゃないけど、肝班ができてしまった場合に紫外線に当たると症状が悪化してしまうんだって。それから肌への刺激も症状を悪化させる要因になる。例えば洗顔やフェイスマッサージの時に強く擦り過ぎたり肌に合わない化粧品を使ったりすることで肌に刺激を与えてしまう。

 

更に注意したいのは、レーザー治療。レーザー治療と言えばシミに効く治療方法というイメージがあるかもしれないんだけど、肝班に関しては逆効果になる可能性があるらしいよ。

 

 

老人性色素班の対策方法とは?

 

一般的に「シミ」として認識されている、紫外線が直接の原因となるシミのことを「老人性色素班」って呼ぶんだって。「老人性」と名付けられてるけど、30代以降に出てくる。

 

紫外線に沢山当たることでメラニン色素が大量に生成され、肌から排出されずにシミとなって残ってしまうんだけど、若い頃に沢山日焼けをした人は、例えその時にはシミとなって残らなかったとしても、30代以降になって突然現われることが多いので要注意。「紫外線を浴びた」という細胞の記憶はずっと後にまで残るってことだね。

 

それでこのシミに効く一番の対処法は、若い頃から紫外線に注意すること。紫外線を浴びてしまったと思ったら、ビタミンCなどシミに効く美白成分を意識的に摂取しよう。もし老人性色素班ができてしまったとしたら、放っておくとさらにシミの色が濃くなっっちゃう。

 

更に症状が悪化しないためにもUVケアは引き続き必要だね。また老人性色素班はでき始めたころであれば美白化粧品で改善することができるとのこと。シミに効くとされるハイドロキノンなどが配合された化粧品を使ってみるといいよ。



ホーム RSS購読 サイトマップ