シミに効く化粧品

炎症性色素沈着の対策法とは?

炎症性色素沈着の対策法とは?

ニキビなどの肌荒れを起こした後、その部分がシミとなって残ってしまうこと、あるよね。これを「炎症性色素沈着」って呼ぶ。

 

これは肌の炎症によって活性酸素が発生し、メラニン色素を生成するメラノサイトを刺激するために起こるシミで、ニキビの他に虫刺されや火傷、化粧品にかぶれることも引き金になるんだって。

 

炎症性色素沈着の場合、肌のターンオーバーが正常に行われればいずれ薄くなって目立たなくなるはず。

 

そもそも肌荒れを起こさなければこの色素沈着も起こらないから、日頃からのスキンケアや肌荒れを起こしにくい生活習慣がこのシミに効く最大の予防策。また炎症性色素沈着に限らず肌のターンオーバーを促進させることは、シミに効く対策方法の基本だから、ケミカルピーリングで古い角質を剥がすことも有効なんだって。

 

更に炎症性色素沈着は美白スキンケアが早ければ早いほど効果があるので、シミに効くとされる美白化粧品などで早めにケアをすると良いみたいよ。

 

 

そばかすの対策法とは?

 

鼻の周辺に細かく斑点状にできるシミ、「そばかす」。

 

そばかすは基本的に遺伝によるものとされていて、特に白人のような色素の薄い人に多いみたい。遺伝だから、一度できてしまうと色を薄くすることはできても完全に消し去ることは難しいし、紫外線に当たることで数が増えたり色が濃くなったりもするんだって。

 

だからそばかすを増やしたり色を濃くしたりするのを防ぐには、まず紫外線対策が一番。これはそばかすだけでなくあらゆる種類のシミに効く対策法だよね。特に紫外線の強い夏はそばかすが増え、逆に紫外線が弱まる冬にはそばかすが薄れていく傾向にはあるものの、だからといって夏以外は無頓着であっていいってわけじゃない。できれば年中日焼け止めを塗るようにしよう。

 

また紫外線からの防御策として、肌を保護してくれる食品を摂ることもそばかすやシミに効く対策法。シミに効くとされるビタミンA、C、E、ポリフェノールなどを積極的に取り入れよう。どうしてもそばかすを取ってしまいたいのであればレーザー治療という選択肢もあるけど、その後のケアを怠ると再発する可能性もあるんだって。



ホーム RSS購読 サイトマップ